健康食品・健康雑貨の企画・販売「株式会社 若杉エンタープライズ」

Vol.1 サプリメントとは

サプリメントとは・サプリメントの必要性・栄養素の分類と役目・効果的な利用の仕方と選び方

Section 2 サプリメントの必要性

サプリ

健康と病気の中間

健康状態といえば「健康か、病気か」の二択、というのが状態が一般的な考え方です。
ですが、こんな状態の方がめずらしいのではないでしょうか。
この現代のストレス社会においてどちらとも言い切れない状態が皆様があてはまるのてはないでしょうか。

体調が悪かったったり、疲れやすく感じたり、肩や背中がこったり、痛かったなど。
病院にで必要な診察を受けたりしましても、病気は見当たらないなど皆様も経験しているのでないでしょうか。
これを放置しておくと本当に病気になってしまうのではないでしょうか。

そこで私達の取り組みとして、ご自分の身体に目を向けて、生活習慣を改善、適度な運動に心がけることが大切です。
こういった「健康」と「病気」の中間グレーゾーンにはサプリメントなど健康食品が適しています。

ご自分の身体をいたわってあげましょう。
ちょっと風邪気味だな‥など体調の不調に気づいたら、まずは食生活を見直したいものです。
睡眠を十分にとるなどご自身でできる体への対応をしていきましょう。

バランスのよい食事の重要性

国民が自ら食生活改善に取り組むことができるよう具体的に示されています。
しかし、忙しい現代社会においてこれは、大変難しいことと思われます。
専門家の方、以外では栄養バランスのとれた食事を考えることは困難です。
また、食品の育った季節によりましても栄養素の含有量が異なります。

そこで必要なのはサプリといえましょうか。
サプリは栄養補助食品とされています。
ですので、医薬品ではないので病気などに即効性があるわけではないですが、 サプリで栄養を補助することによって、 栄養バランスが整って強い体を作ることができるわけです。

ただ、食べ物もとらずサプリメントだけから栄養を摂るというのは間違いです。
スタンスとしましては、あくまでもバランスのよい食事をとるという努力をすること、 それでも不足気味栄養素「栄養補助食品」であるサプリメンシで補うということを 忘れてはなりません。

身の回りの環境が私たちの栄養素を奪う

食品により身体に栄養を取り入れます。そして、様々な環境により栄養は身体からででいきます。
出ていく栄養量や、吸収され利用された量は、正確には知ることはできません。

たばこを吸われる人は解るとと思いますが、やけに「キウイが食べたい」なんて思う時が あります。それは、たばこを吸うことによりビタミンCが不足しているからなのでしょう。
本能的に人間は、不足している栄養素を補おうとするものです。
私たちは、様々な環境により無意識のうち栄養は奪われていきます。

ストレス

現代人に特有の脳の栄養失調状態です。 ストレスによる脳の栄養消費量は増えているにもかかわらず、 食材に含まれる栄養素は逆に減っているという大変な状況です。

ストレスを受けてる脳の中では、タンパク質、ビタミン、 ミネラルが大量に消費されています。
これらの栄養素が足りなくなると脳は栄養失調状態となり、 脳の中で感情や精神のコントロールをしている物質が足りなくなります。

昔のようにのんびりした時代とは違い、進化の速度が速まった私たち現代人は、 時間に追われ、さまざまなストレスにさらされています。

アルコール

二日酔い、大量飲酒、慢性飲酒では、 身体から非常に多くの栄養素が失われます。 アルコールには利尿作用があります。 多くの栄養素はアルコールによる排尿時には、 その排出量が抑制されるものの、 ナトリウム、カルシウム、 亜鉛などはいくつかの栄養素は、 飲酒中は過剰に排出されます。

重金属イオン

産業革命以降、鉛・水銀・カドミニウムなど有害な重金属が地球全体に覆いつくしているといっても良いでしょう。 このうな環境下てせすので私たちは知らず知らずのうちに体内に取り込んでしまいます。 体内から゜追い出そうとしたり無害なものに変えようとする働きをさせようと消費する栄養素は、 ビタミンC、セレン、亜鉛、銅、クロム、アミノ酸の1種であるシステイン・メチオニンです。

亜硫酸ガス

亜硫酸ガスとは、 二酸化硫黄の気体。刺激臭があり、 有毒。火山ガスや石油・石炭中の硫黄酸化物の燃焼によって生じ、 酸性雨や湖沼の酸性化の原因となります。
人間の体内に入ることにより、ビタミンC・E・ベータカロチンといった抗酸化物質が消化されます。

Copyright(c) 2016 若杉エンタープライズ All Rights Reserved.

PAGE TOP